カフェインレスコーヒーは欧米では広く普及しています

###Site Name###

カフェインレスコーヒーは、日本では馴染みが薄くコーヒーショップなどに行っても滅多にお目に掛かれません。


でも、欧米では別名「デカフェ」と呼ばれ、妊婦など健康上の理由などからカフェインを敬遠したい人のためにカフェインレスコーヒーが広く普及していて、都内でも欧米人が多く集まるスーパーマーケットには沢山置いてあります。

あなたの期待に応える産経ニュースに関する情報満載です。

実はカフェインレスコーヒーは世界のコーヒー市場の約10%を占めているのです。



ただ、ヨーロッパではデカフェには一定の規格が設けられており、カフェインの含有量がコーヒー豆中の0.2%以下であるものしかデカフェとして販売することができません。

日本にも欧米から輸入されていますが馴染みがないためか消費量は少なく、またカフェイン含量の規定もありません。

でも、たとえ妊婦であったとしても、イライラしたり、涙もろくなったりすることもある妊娠中だからこそティータイムやコーヒータイムで気持ちよくリフレッシュしたいもの、カフェインには気分をリラックスさせる効果があり1日に1杯程度なら特に心配はありませんが、取り過ぎると交感神経を刺激し、体を興奮させる作用があるので、妊婦の方や1日数杯では物足りないという方には、カフェインレスコーヒーがお勧めなのです。
昨今では日本でもようやくデカフェが浸透してきつつあり、レギュラーコーヒーの中にもデカフェが何種類か登場してきています。

ただし、あくまでカフェインレスであって、100%カフェインカットではないので、その点は注意してください。

カフェインレスコーヒー情報サイトを利用しましょう。